西の窓 RSSフィード

2006-05-20晴れ一時雨。風が強い。月齢 22.3

[][]木星 20:47

晴れたのは久しぶりです。丸々2週間ほど観望できない空だったのではないでしょうか。夕方に強い雨が降った後、さわやかな空になりました。しかし8時すぎから雲が。雲間から現れた木星をほんの数分ですがコルキットKT-6cmで見ました。

木星

Or-12mm 50倍。

倍率が低いため導入は楽でした。南の空にまばゆい木星は-2.4等です。視野の中に小さな円盤がぽっかりと浮かんでいます。ガリレオ衛星を従える姿を気持ちよく観望できました。

焦点合わせは少々根気がいりますが、ゴーストが現れる以外はすっきりした気持ちよい像です。縞は2本見えます。これで6000円。びっくりするほどお買い得です。雲が空を覆いつくしたため数分間だけでしたが、久々に気持ちよく星を眺めることが出来ました。土星も見たかったのですが、西の空が雲に覆われていたため断念。

その後、15分足らずで空がきれいに晴れ上がったためあわてて再出動しました。鏡筒質量700gですから三脚ごと引っつかんでひょいひょい動けます。木星はじっと見ているとどんどん縞が濃くなる気分です。

土星

西の空に落ちていくところを捉えました。高度が低い割にはくっきりと輪が見えます。

ugemugem2006/05/20 23:06もしかして広島の望遠鏡に続きこちらもファーストライトですか?(^^)

suikansuikan2006/05/21 00:51実はファーストライトは1日でした。実に3週間のブランクです。

choubeginnerchoubeginner2006/05/21 11:31いや〜木星の模様が見えるとはすばらしいです。ブランクは長かったですよねぇ。今度はいつ見えるんでしょうかねー(笑)

suikansuikan2006/05/21 20:08ほとんどいじめといえます。

miercolesmiercoles2006/05/22 01:07全部読みましたが凄いですね。作る時に参考にさせてもらいます。パクりともいいます。
三脚はありますからキットのほかに天頂ミラーを購入する予定ですが、他に注文しておくとよいものはありますか?

suikansuikan2006/05/22 01:11とりあえず天頂ミラーと植毛紙があれば十分でしょう。あとは気に入った接着剤とセロテープが必要です。セロテープがないと困ったことになります。
最終的に架台は別に作る必要があると思ってください。私はサイドマウントにするつもりですが、キリン式もあうはず。

トラックバック - http://amanogawa.g.hatena.ne.jp/suikan/20060520

2006-05-01曇り時々晴れ,月齢3.3

[][]ファーストライト 20:28

空全体にもやがかかっている上に猛烈な風が吹いていましたが、西の空にぽっかりと三日月が浮かんでいたため、ファーストライトに挑みました。

三日月

まず総合的な印象はよいです。6000円の望遠鏡で、しかもアレだけ組み立てを楽しんだ上に、50倍の視野に浮かぶ月はとても端整です。コストパフォーマンスに関してはすばらしくよいです。お勧めできます。

視界に月のゴーストらしきものが見えますが、値段を考えれば気にならないレベルです。視野周辺では色収差を感じるものの、三日月を中央にもってくるとそれもきれいに消え、Cleomedes、危難の海、Langrenusといったこの月齢の名所を存分に楽しむことが出来ました。

K20mmによる30倍では、困ったことにドロチューブを一杯に押し込んでも天頂ミラーではピントが合いません。仕方がないので天頂ミラーをはずして直接覗きました。体勢は苦しいものの50倍よりいっそう締まった眺めでした。相変わらずゴーストらしいものが見えるため、天頂ミラーやアイピースではなく対物レンズが生じているのでしょう。

ドロチューブが鏡筒内部の遮光環にぶつかるのは問題なので、チューブを切断することに決めました。子供がいないので思い切って天頂ミラー専用にするつもりです。

何はともあれ、短時間ですが楽しい観望でした。

トラックバック - http://amanogawa.g.hatena.ne.jp/suikan/20060501

2006-04-30

[][]できた 14:47

その雄姿

f:id:suikan:20060430090106j:image

三脚とは仮止めです。どうやってマウントしようかな。

組み立てには植毛紙の貼り付けをあわせて3時間くらいかかったと思いますが、植毛紙を貼らなければのんびり組み立てても1時間くらいででしょう。はさみを入れる部分といえば、ドロチューブを滑らせるシールを短冊に切る場所くらいで、特に寸法を測りながらと言うところはありません。

チューブ径もそれぞれがほとんど一致していますのでわずかなガタを埋めるためにセロハンテープを巻く作業がある程度です。

ドロチューブは31.7mm対応なのですが、鏡筒の気楽さを考えて24.5mm アダプタ*1を接着剤で固定してしまいました。

写真にはありませんが天頂プリズムも買っています。

で、早速今朝撮影したのがこちら

f:id:suikan:20060430085115j:image

オークションで落札したケルナー20mmによる30倍コリメート法撮影です。カメラは手持ちです。

もう一枚。

f:id:suikan:20060430085913j:image

こちらは付属のケルナー(?)12mmによる50倍コリメート法です。流石に厳しいですが、肉眼で覗くとくっきりした気持ちよい視野になっています。アイレリーフが短いですが贅沢言っちゃいけませんね。

*1:紙製

なかをなかを2006/04/30 09:50なかなか素性の良さそうなレンズですね。星見が楽しみ。
気楽な望遠鏡ですから,今後,フリーマウントとの組み合わせで使うのも良さそう。架台も自作すれば,より味わい深く使いやすくなるか?……純正の架台は貧弱だし,カメラ三脚も,ちょっと物足りないし。
 コルキットは,架台が課題……ってことで,お粗末。

suikansuikan2006/04/30 13:43その課題ですが、鏡筒重量が700gと軽いのでお得意(?)の片翼式フリーマウントでもいいなと思ってます。なかをさんがおつくりになったカメラ三脚用のキリン式もいいですね。

なかをなかを2006/04/30 23:021/4Wのオニメナット,2年ほど前まではロイヤルホームセンターが常備していたのですが,最近,扱わなくなったみたいで……

トラックバック - http://amanogawa.g.hatena.ne.jp/suikan/20060430

2006-04-29

[][]作り始めました 16:27

いろいろ片付いて時間が取れるようになったので、コルキットKT-6cmを組み立てることにしました。

植毛紙は紙の専門館で裏がシールになっているものを購入しました。植毛紙を直接鏡筒内に貼るほど手先が器用ではないので、Yamacaさんのところで知った、クリアファイルに張って丸めて鏡筒に入れる方法を使いました。

この方法だとあらかじめ鏡筒内部にぴったり合うよう存分にクリアファイルの大きさを調節できるので、失敗がありません。

窓から鏡筒をそらして反射の具合を見てみました。植毛紙を入れる前はこんな感じ。

f:id:suikan:20060429083720j:image

植毛紙を入れたあとがこんな感じです。

f:id:suikan:20060429091628j:image

とてもいい具合に反射が抑えられています。しかし植毛紙が波打ってしまいました。これは平らに伸ばしたクリアファイルに植毛紙を貼ったためです。これを丸めると植毛紙とクリアファイルの長さが違うためしわになります。

さいわい、しわが出来たのは遮光板に接する部分など、光に影響が出ないところです。しかし気分が悪いですしドローチューブの中はさすがにしわになると困るため作業方法を工夫しました。

まず、植毛紙の毛の側を鏡筒に当てて少しシールをはがします。

f:id:suikan:20060429144531j:image

次にきちんとサイズを調整しておいたクリアファイルをシール部分にあてて貼りつけます。こうしてシールの裏紙をはがし、植毛紙を筒に巻きつけながらクリアファイルを貼り付けていきます。

f:id:suikan:20060429144649j:image

こうするとはじめからある程度カールしたものが出来上がります。これならば鏡筒に押し込むために丸めてもあまり無理がでないため、しわにならずに鏡筒内部に差し込むことが出来ます。植毛紙はあらかじめクリアファイルより大きめに切っておき、あとではみ出した分を切り捨てます。

choubeginnerchoubeginner2006/04/29 23:16凝っておられますねー、コルキットだけに。あ、すみません・・・

suikansuikan2006/04/30 01:20あはーはー。実際そういう意味の名前だったりして。

TpongTpong2006/04/30 02:07最近はレンズフードでさえ植毛処理されてますし筒内反射も馬鹿になりませんものね。
凝るキット・・・・  笑わせていただきました(^^ゞ

トラックバック - http://amanogawa.g.hatena.ne.jp/suikan/20060429