西の窓 RSSフィード

2006-05-01曇り時々晴れ,月齢3.3

[][]ファーストライト 20:28

空全体にもやがかかっている上に猛烈な風が吹いていましたが、西の空にぽっかりと三日月が浮かんでいたため、ファーストライトに挑みました。

三日月

まず総合的な印象はよいです。6000円の望遠鏡で、しかもアレだけ組み立てを楽しんだ上に、50倍の視野に浮かぶ月はとても端整です。コストパフォーマンスに関してはすばらしくよいです。お勧めできます。

視界に月のゴーストらしきものが見えますが、値段を考えれば気にならないレベルです。視野周辺では色収差を感じるものの、三日月を中央にもってくるとそれもきれいに消え、Cleomedes、危難の海、Langrenusといったこの月齢の名所を存分に楽しむことが出来ました。

K20mmによる30倍では、困ったことにドロチューブを一杯に押し込んでも天頂ミラーではピントが合いません。仕方がないので天頂ミラーをはずして直接覗きました。体勢は苦しいものの50倍よりいっそう締まった眺めでした。相変わらずゴーストらしいものが見えるため、天頂ミラーやアイピースではなく対物レンズが生じているのでしょう。

ドロチューブが鏡筒内部の遮光環にぶつかるのは問題なので、チューブを切断することに決めました。子供がいないので思い切って天頂ミラー専用にするつもりです。

何はともあれ、短時間ですが楽しい観望でした。

トラックバック - http://amanogawa.g.hatena.ne.jp/suikan/20060501