西の窓 RSSフィード

2006-04-30

インチネジ 20:15

カメラの三脚用ネジがインチネジであるのは有名な話です。架台を作る際にいろいろ障害が出るのでこれを期に調べてみました。

カメラに使われているネジはUNC

カメラの三脚用ネジは、小型、中型カメラの場合は1/4-20と呼ばれるインチネジが使われています。インチネジはISOではなくアメリカ独自のように考えていましたが、実際にはISOでも(多分しぶしぶ)標準化されていて、ユニファイとかUNCと呼ばれているそうです。カメラのそれはUNC 1/4-20で、日本ではJIS規格で決められています。1/4はねじ径、20は1インチあたりの山の数です。

ウィット

ところがインチネジにも二種類あるそうです。上記のUNCはねじ山の角度が60度ですが、これが55度のウィットと呼ばれるネジがあるのです。ウィットの場合、ネジはW1/4-20と表記されます。Wはウィットを表します。日本ではウィットネジがかつて建築関係で使われており、そのため国内で入手できるネジはほぼすべてウィットだそうです。なんだってー?

確かにハンズで買ったボルトナットを見ると、袋にW1/4-20と書いてありました。ネジは袋も取っておきましょう。

UNCにウィットをねじ込む

カメラのお尻の穴はUNC、これにW1/4-20のネジをねじ込むとどうなるでしょうか。答えは無事に入っていきます。カメラ側の雌の山の角度は60度で、ネジ側の雄の山の角度は55度ですから問題ないのです。精密機械としては失格ですが、カメラを三脚に装架する程度なら問題ありません。

ウィットにUNCをねじ込む

しかし、雌がウィットで雄がUNCのばあい、55度の谷に60度の山を合わせようとしてもそうはいきません。この場合最悪壊れる可能性があります。

試してみた

手元のW1/4-20ボルト・ナットをカメラの雌穴や三脚のネジに取り付けてみました。結果はすべてOKでしたちゃんと遊びもあります*1。考えられることは三つ。

公差で吸収している
製造上のばらつきを吸収するため(建築用に使われる)ウィットの雌ねじが実はUNCの雄ねじも入るようになっているのかもしれません。
カメラ用品側が対処している
日本で手に入るインチねじがすべてウィットであることから、カメラ用品メーカーがノウハウとしてW1/4-20の雄ねじを使っているのかもしれません。
偶然
単なるばらつき。次にW1/4-20の雌ねじにUNC 1/4-20の雄ねじをねじ込むと壊れるかもしれません。

むぅ。幸いなことにカメラのお尻の穴はUNCですから、壊れることはないはずです。架台をW1/4-20で作ることになるので、そのときに使うW1/4-20ナットにカメラ用品の雄ねじをあわせるときに注意しなければなりません。

爪付きナット 14:47

架台を作ろうとすると必ずぶつかるのがインチピッチの爪付きナットです。英語ではT-Nutsと呼ばれているようです。必死で検索して漸く一軒売ってくれそうな店を見つけました。

このページには1/4インチのものはありませんが、注文ページにはメニューに出てきます。問題は数量で、最小注文数量が300個。価格は1650円なので何の問題もありませんが、どう考えても300個は手に余ります。多分一生に使う量の30倍くらいでしょう。

一括して買ってオークションに小出しに出せばいいのかな。

[][]できた 14:47

その雄姿

f:id:suikan:20060430090106j:image

三脚とは仮止めです。どうやってマウントしようかな。

組み立てには植毛紙の貼り付けをあわせて3時間くらいかかったと思いますが、植毛紙を貼らなければのんびり組み立てても1時間くらいででしょう。はさみを入れる部分といえば、ドロチューブを滑らせるシールを短冊に切る場所くらいで、特に寸法を測りながらと言うところはありません。

チューブ径もそれぞれがほとんど一致していますのでわずかなガタを埋めるためにセロハンテープを巻く作業がある程度です。

ドロチューブは31.7mm対応なのですが、鏡筒の気楽さを考えて24.5mm アダプタ*2を接着剤で固定してしまいました。

写真にはありませんが天頂プリズムも買っています。

で、早速今朝撮影したのがこちら

f:id:suikan:20060430085115j:image

オークションで落札したケルナー20mmによる30倍コリメート法撮影です。カメラは手持ちです。

もう一枚。

f:id:suikan:20060430085913j:image

こちらは付属のケルナー(?)12mmによる50倍コリメート法です。流石に厳しいですが、肉眼で覗くとくっきりした気持ちよい視野になっています。アイレリーフが短いですが贅沢言っちゃいけませんね。

*1:なんとなく問題な気もしますが

*2:紙製

なかをなかを2006/04/30 09:50なかなか素性の良さそうなレンズですね。星見が楽しみ。
気楽な望遠鏡ですから,今後,フリーマウントとの組み合わせで使うのも良さそう。架台も自作すれば,より味わい深く使いやすくなるか?……純正の架台は貧弱だし,カメラ三脚も,ちょっと物足りないし。
 コルキットは,架台が課題……ってことで,お粗末。

suikansuikan2006/04/30 13:43その課題ですが、鏡筒重量が700gと軽いのでお得意(?)の片翼式フリーマウントでもいいなと思ってます。なかをさんがおつくりになったカメラ三脚用のキリン式もいいですね。

なかをなかを2006/04/30 23:021/4Wのオニメナット,2年ほど前まではロイヤルホームセンターが常備していたのですが,最近,扱わなくなったみたいで……

トラックバック - http://amanogawa.g.hatena.ne.jp/suikan/20060430