西の窓 RSSフィード

2005-09-01

MC-90L

[]MC-90L 21:47

「まずはmini BORG 60ED、次に5年後を目指してCelestron C-5」などと言っていたのですが、舌の根も乾かぬうちにオークションに出ていたMC-90Lに飛びついてしまいました。d:id:choubeginnerさんのお持ちのMCW-90と同じ光学系といわれているやつで、VIPERの鏡筒部分です。

これで憧れの短焦点アポクロマート屈折望遠鏡が遠のいてしまいました。5年後買うにしても10cm屈折では、いまと同じ取り回しの悪さです。それにあまり明るくならないのも問題。C-5にすれば2倍の明るさではありますが、同じ長焦点カセグレンではちょっと考えます。

しかしそれは棚に上げておきましょう。宮内光学が、待ちに待った10cm ED双眼鏡の発売を開始したことですし、あるいは今の流行を見ていると5年後には15cm F6 リッチー・クレチアン望遠鏡がタカハシから販売されているかもしれません。毎月5千円ずつ貯金して楽しみにしておきましょう。

ともかく、予定していた金額の1/4以下で新しい鏡筒が手に入りました。現在10年ぶりくらいの金欠にあえいでいますが、何とか工面してパーツを買い揃えます。まずはアリ型プレートを買わなければ。

覗いてみました

透明度が悪いし、もう太陽系外の星に対する興味がなくなったので、あくまで軽くです。感想としては「よくみえる」です。100mmアクロマートより暗い星まで見える気がしますが、これは星の像がしまって明るいからでしょうか。明るい星もとげとげがなく、芯がしまった感じがします。大気の揺れでぴょんぴょんはねる様子に見入ってしまいました。

choubeginnerchoubeginner2005/09/01 21:59おおー!!同じになってしまった(笑)。プレートを買われるよりも、K型経緯台を買われたほうが・・・。オークションで出ませんかね。

suikansuikan2005/09/01 22:38微動つき経緯台もそそりますが、とりあえずは今もっているHF経緯台で使って見ます。木でハンドルでもつけてみるつもりです。

suikansuikan2005/09/01 22:42あとこれとか、http://tinyurl.com/atact お金があればF2経緯台です(^^;

choubeginnerchoubeginner2005/09/02 19:25おー、これは某掲示板にも出入りするジーク西田さん設計の経緯台ではありませんか。HF経緯台では大きすぎるので、これにしましょう!

suikansuikan2005/09/02 20:48ジークさんのWEBサイトによると、この経緯台を作ってらっしゃる方は非営利で作っていらっしゃるようです。ただ、連絡先などは私が調べた限りでは不明で、時折オークションに出品されているようです。
小型でいいですよね。

トラックバック - http://amanogawa.g.hatena.ne.jp/suikan/20050901